日本の地価の決まり方

西村 清彦

土地はなぜ安全有利な資産とされてきたのか。土地「神話」のベールをはぎ、豊富多様なデータで土地市場をモデル分析、地価形成の核心に迫る本格的な地価の経済学。

日本の地価の決まり方
  • シリーズ:ちくま新書
  • 726円(税込)
  • Cコード:0233
  • 整理番号:26
  • 刊行日: 1995/03/16
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:208
  • ISBN:4-480-05626-2
  • JANコード:9784480056269

この本の内容

土地「神話」のベールを剥ぐ。豊富・多様なデータで土地市場をモデル分析地価形成の核心に迫る本格的な地価の経済学。

この本の目次

第1章 土地「神話」と地価決定メカニズム
第2章 土地の「価格」
第3章 価格決定の「ファンダメンタルズ」
第4章 日本の地価と「ファンダメンタルズ」
第5章 税制の影響:土地の「神話」を支えた実体
第6章 土地の利用規制・土地の「大化け」期待
第7章 予想と情報:幻をうたかたの現実に変えるもの
第8章 土地政策のあり方:「神話」と「現実」のはざまで

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可