終末期医療はいま ─豊かな社会の生と死

額田 勲

病院で亡くなるのが当たり前の今、そこでは何が起きているのか。病院院長としての日常から、がん告知、在宅介護など医療が抱える問題への確かな見方を紡ぎだす。

終末期医療はいま ─豊かな社会の生と死
  • シリーズ:ちくま新書
  • 726円(税込)
  • Cコード:0247
  • 整理番号:31
  • 刊行日: 1995/04/19
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:224
  • ISBN:4-480-05631-9
  • JANコード:9784480056313

この本の内容

戦後五十年を経て、物質的な豊かさを獲得した一方で、死に関する社会的な意味が、いまほど強まっている時代はない。人は病院、ホスピス、在宅の医療などに“よりよき死”を求めようとするが、医療技術の高度化、効率万能の社会風潮、家族関係の変質などが進行するなかで、その道は容易ではない。「豊かな社会」のさまざまな死の素描を通じて、混迷する時代における生の意味を問い返す。

この本の目次

第1章 死が約された者たち
第2章 死を看取る者たち
第3章 死に抗った者たち
第4章 死と和した者たち
第5章 人はいつ死ぬのだろう
第6章 がん告知に新しい風を
第7章 在宅で死ぬこと、病院で死ぬこと
第8章 「豊かな社会」の「美しい死」
第9章 一線病院の風景から―突然死の周辺

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可