群衆 ─モンスターの誕生

今村 仁司

群衆とは何か。近代資本主義社会の表舞台に主役として登場してきた群衆。その怪物的性格を明らかにし、現代人の存在のあり方を根源から鋭く問う群衆社会批判。

群衆 ─モンスターの誕生
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体660円+税
  • Cコード:0210
  • 整理番号:56
  • 刊行日: 1996/01/18
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:208
  • ISBN:4-480-05656-4
  • JANコード:9784480056566

この本の内容

群衆とは何か。近代資本主義の誕生とともに、歴史と社会の表舞台に主役として登場してきた群衆。二十世紀のナチズムもスターリニズムも群衆社会がつくりだした全体主義の脅威であったことは記憶にあたらしい。一体われわれは、激流のような群衆化傾向に対して抵抗できるのだろうか。ポー、ボードレールやニーチェ、メアリー・シェリーらの群衆への驚き、カネッティやモスコヴィッシの群衆分析、トクヴィルの民主主義論、ルボン、タルド、フロイトらの心理学的考察など、さまざまな視点からその怪物的性格を明らかにし、現代人の存在のあり方を根源から鋭く問う群衆社会批判。

この本の目次

第1部 群衆の本質
第2部 群衆の分析

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可