「大菩薩峠」を読む ─峠の旅人

今村 仁司

「大菩薩峠」ははたして剣豪小説なのか? 漂泊とユートピア、記号としての身体、愚者と知者など、人間への深い洞察にみちた作品の思想的核心を読む冒険的試み。

「大菩薩峠」を読む ─峠の旅人
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体660円+税
  • Cコード:0295
  • 整理番号:82
  • 刊行日: 1996/09/19
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:240
  • ISBN:4-480-05682-3
  • JANコード:9784480056825

この本の内容

魔剣を操る元甲源一刀流の剣士机竜之助は、大菩薩峠の頂上で老巡礼を斬り殺す。この理由なき殺人が物語の発端であり、終りのない旅のはじまりであった。無明の闇の世界をさまよう幽鬼的ヒーロー竜之助や、老翁の顔だが体は子どもの大きさである槍の天才米友、相撲とりのように図体がデカイが少し足りない与八など個性的で愛すべき脇役陣が大活躍する雄渾壮大、痛快無比なる大長編エンターテイメント『大菩薩峠』。本書は、漂泊とユートピア、記号としての身体、冷静なる愚者、欲望の体系、群衆論などの新たな視点から光をあて、この人間への深い洞察にみちた予言的な作品の思想的核心を読み解く冒険的試みである。

この本の目次

第1章 漂泊の旅人
第2章 傷ついた身体
第3章 分身たち
第4章 ユートピアの挫折
第5章 冷静なる愚者
エピローグ 開かれた物語

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可