書を学ぶ 技法と実践

石川 九楊

書の美しさはどこから来るのか。書の七つ道具の揃え方から、筆の持ち方や運筆法に至るまで、書の技法の本質を踏まえ、初学者が表現に到達するための極意を伝授。

書を学ぶ 技法と実践
  • シリーズ:ちくま新書
  • 792円(税込)
  • Cコード:0271
  • 整理番号:103
  • 刊行日: 1997/04/17
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:240
  • ISBN:4-480-05703-X
  • JANコード:9784480057037
石川 九楊
石川 九楊

イシカワ キュウヨウ

1945年、福井県越前市生まれ。京都大学法学部卒業。書家、批評家。主な著書に、『筆蝕(★正字)の構造』(ちくま学芸文庫)、『日本の文字』(ちくま新書)、『書の終焉』(同朋舎出版、サントリー学芸賞受賞)、『中国書史』(京都大学学術出版会)、『日本書史』(名古屋大学出版会、毎日出版文化賞受賞)、『近代書史』(名古屋大学出版会、大佛次郎賞受賞)、『二重言語国家・日本』(中公文庫)などがある。

この本の内容

書の七つ道具の揃え方から筆の持ち方や運筆法、さらに「十字二法」「永字八法」の伝統を現代に甦らせた書法、表現演習にいたるまで、書体論や筆蝕論を軸に、書の本質と技法を明快に説き明かす。初学者が書の表現に至る道に到達するための実践的入門書。

この本の目次

書の美しさはどこから来るか
道具をそろえる
書を学ぶ―書の見方と書き方
書の表現法
表現演習

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可