恐竜のアメリカ

巽 孝之

恐竜発掘を契機にした巨大なものへの関心は、進化論と交錯しながら作家たちの想像力を刺激してきた。電脳時代になお支配的な巨大妄想の深層心理を探る社会文化史。

恐竜のアメリカ
  • シリーズ:ちくま新書
  • 726円(税込)
  • Cコード:0298
  • 整理番号:120
  • 刊行日: 1997/08/19
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:208
  • ISBN:4-480-05720-X
  • JANコード:9784480057204

この本の内容

アメリカ大陸は文字通り恐竜王国である。その恐竜発掘を契機にした巨大なものへの関心は、進化論と交錯しながら、H・メルヴィルやM・トウェインからM・クライトンに至る作家たちの想像力を刺激してきた。そして今日、人工生命と結びついて、新たな展開を見せはじめている。社会文化史的なエピソードを交えながら、巨大妄想の深層心理を解剖する。

この本の目次

第1章 ニューイングランドの岸辺で(100万年の孤独
ネッシーから、始まる ほか)
第2章 巨大妄想(ダーウィンの黒熊鯨とメルヴィルの白子鯨
ロマン主義者のガラパゴス ほか)
第3章 恐竜小説史の革命(ダビデとゴリアテ症候群―トウェイン、ヴォネガット、ジェイコブスン
神が見世物になる時―『ゴジロ』を読む ほか)
第4章 人工恐竜はイディオ・サヴァンの夢を見るか?(『ジュラシック・パーク』以前・以後
バージェス博物館―『ディファレンス・エンジン』を読み直す ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可