徳川家康

二木 謙一

なぜ家康は天下統一に成功したのだろうか。多くの危機を卓抜な組織力で乗り越え、国際感覚を備えた実務家として統一の基礎を築いた生涯を新たな視点で描く。

徳川家康
  • シリーズ:ちくま新書
  • 726円(税込)
  • Cコード:0221
  • 整理番号:139
  • 刊行日: 1998/01/19
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:240
  • ISBN:4-480-05739-0
  • JANコード:9784480057396

この本の内容

家康はわずか六歳で今川家の人質になり、「桶狭間の戦い」によってかろうじて独立したのは十九歳のときだった。しかし岡崎城に戻っても武田や上杉、北条などからの重圧は残り、信長との従属的な同盟に活路を見出さざるをえない。領国統治の面でも、一向一揆による家臣団の分裂など綱渡りの状態が続いた。けれども「関ヶ原の戦い」や「大坂の陣」を経て天下を手中にする。卓抜な組織力と優れた国際感覚で数々の危機を乗り越え、徳川三百年の基礎を築いたその生涯を新たな視点から描く。

この本の目次

第1章 決断
第2章 忍耐
第3章 雌伏
第4章 雄飛
第5章 覇権
第6章 治国

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可