日本の名建築をあるく

相川 浩

 人のいる雰囲気 を重視した空間表現が日本建築のおもしろさだ! 厳島神社、平等院鳳凰堂、待庵、桂離宮などの名建築を、臨場感をキーワードに再評価する。

日本の名建築をあるく
  • シリーズ:ちくま新書
  • 726円(税込)
  • Cコード:0252
  • 整理番号:161
  • 刊行日: 1998/06/17
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:224
  • ISBN:4-480-05761-7
  • JANコード:9784480057617

この本の内容

「人のいる雰囲気」を重視した空間表現こそが、日本建築の本当のおもしろさであり、世界に発信すべきユニークな特徴だ!日本の古建築を味わうには、西洋流の建築理論とは違うアプローチで、工匠たちが何を大切に表現したかを知る必要がある。厳島神社、法隆寺、東大寺、平等院鳳凰堂、二条城、妙喜庵茶室待庵、桂離宮古書院…。実際に訪れて、風や光や人びとのつくる雰囲気の中ですばらしさを実感しよう。ルネサンス建築論の専門家が、自由な目線から名建築を幅広く取り上げ、臨場感をキーワードに再評価する、全く新しい建築案内。

この本の目次

1章 日本人には好みの雰囲気がある
2章 配置と構造が表現内容を性格づける
3章 宗教建築を叙情的に表現する
4章 社会的威厳を構える
5章 庶民の芸術心を育てる

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可