おんな忠臣蔵

田口 章子

忠義に殉じた男たちの美学の陰で泣くだけが女の役回りではない。臆病な男の尻もたたけば恋もする。「忠臣蔵」事件の史実と伝承の皮膜の舞台に生きた女たちの晴姿!

おんな忠臣蔵
  • シリーズ:ちくま新書
  • 726円(税込)
  • Cコード:0221
  • 整理番号:180
  • 刊行日: 1998/11/19
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:208
  • ISBN:4-480-05780-3
  • JANコード:9784480057808

この本の内容

忠義に殉じた男たちの美学の陰で泣かされるだけが女の役回りではない。臆病な男の尻も叩けば恋もする。挙げ句の果ては化けてでる。賢夫人と称えられた浅野内匠頭や大石内蔵助の妻、大高源五の母、そして『仮名手本忠臣蔵』に登場する早野勘平のおかるや『四谷怪談』のお岩などなど、キャラクターにはことかかない。事件の七十年後、堀部弥兵衛の娘と名乗り、忠臣蔵物語の語り部として活躍した妙海尼のしたたかな生き方を幕開けに、史実と伝承の皮膜の舞台に生きた女たちの晴れ姿を描く。

この本の目次

プロローグ 「忠臣蔵」伝説に生きた老婆
第1章 妙海尼伝設
第2章 江戸
第3章 赤穂
第4章 京
第5章 諸国
エピローグ さまざまな女たちの「忠臣蔵」

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可