投資信託の見わけ方

安達 智彦

超低金利下の有力金融商品とされる投資信託の様々な種類や仕組を懇切に紹介すると共に、高リターンには高リスクが伴うことを明快な理論で説き選別の指針を示す。

投資信託の見わけ方
  • シリーズ:ちくま新書
  • 726円(税込)
  • Cコード:0233
  • 整理番号:181
  • 刊行日: 1998/12/16
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:224
  • ISBN:4-480-05781-1
  • JANコード:9784480057815

この本の内容

情報量と分析力に限界がある一般投資家にとって、国際分散投資は必ずしも常に有意味なリスク分散効果、ないしはリスク・リターン・ポジションの改善をもたらさない。将来、円で使うつもりのお金や不可測のリスクは避けたいという資金は、円で運用するのが適当である。いま日本の投資家が切実に求めているのは、適度のリスクをとって、それに見合うだけのリターンをもたらす、バランスのとれた投資信託である。国内運用に限定しても、適切に設計すれば十分に効率的な新商品が登場してくると期待される。

この本の目次

第1章 資産運用を見直す
第2章 投資信託とは
第3章 投資信託を評価する
第4章 投資信託のいろいろ
第5章 投資信託を選ぶ
第6章 投資信託を買う

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可