百人一首への招待

吉海 直人

百人一首は正月のかるた遊びとして有名だが、その成立事情や撰歌基準には今なお謎が多い。最新の研究成果に基づき、これまでとは一味違う百人一首の魅力に迫る。

百人一首への招待
  • シリーズ:ちくま新書
  • 814円(税込)
  • Cコード:0295
  • 整理番号:182
  • 刊行日: 1998/12/16
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:224
  • ISBN:978-4-480-05782-2
  • JANコード:9784480057822
吉海 直人
吉海 直人

ヨシカイ ナオト

1953年、長崎県生まれ。國學院大學大学院修了。博士(文学)。現在、同志社女子大学表象文化学部日本語日本文学科教授。専門は平安時代の物語文学および和歌文学。長年百人一首の総合研究を続ける中で、「異本百人一首」の発見をはじめ、かるたや浮世絵などの関連資料を数多く発掘・紹介している。著書に『百人一首への招待』(ちくま新書)、『百人一首の新考察』(世界思想社)、『百人一首の新研究』(和泉書院)、『百人一首かるたの世界』(新典社選書)ほか多数。

この本の内容

正月のかるた遊びとして日本人に広く親しまれてきた百人一首。だが、その成立事情や選歌基準には今なお多くの謎が残されている。本書は、国文学研究者の立場からその成立の謎に迫るとともに、従来の現代語訳にとらわれない斬新な解釈を試みる。また、コミックやスナック菓子など身近にある百人一首グッズやかるた遊びの歴史を通して、現代に生き続ける和歌の世界を屈指の百人一首コレクターならではのユニークな視点で紹介する。

この本の目次

序章 百人一首の基礎知識
第1章 百人一首成立の謎
第2章 百人一首成立以降
第3章 百人一首の副産物
第4章 百人一首の撰歌意識を探る
第5章 百人一首の味わいかた

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可