オスマン帝国の解体 ─文化世界と国民国家

鈴木 董

イスラム世界の伝統に支えられたオスマン帝国は近代西欧の台頭により解体した。その過程から民族紛争、宗教紛争と国民国家、文化世界との関係までを克明に描く。

オスマン帝国の解体 ─文化世界と国民国家
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体660円+税
  • Cコード:0222
  • 整理番号:242
  • 刊行日: 2000/05/18
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:240
  • ISBN:4-480-05842-7
  • JANコード:9784480058423

この本の内容

さまざまな民族・言語・宗教が複雑に入りくんでせめぎあう地域に成立したオスマン帝国は、イスラム世界の伝統の下で、多種多様な人々を包み込みながら六世紀以上にわたって存続したが、近代西欧の影響を受けつつ解体した。現代のバルカン・中東で激発する民族紛争の源流であるオスマン帝国解体の過程を克明に描き、現代政治にも連なる問題を解き明かす。

この本の目次

第1部 民族国家と文化世界(一つの世界の誕生以前―諸文化世界の併存していた頃
民族国家への憧れ
「西洋の衝撃」としてのネイション・ステイト)
第2部 文化世界としてのイスラム世界(文化世界としてのイスラム世界の構造
イスラム世界秩序
アイデンティティ・統合・共存)
第3部 オスマン帝国の場合(イスラム的世界帝国としてのオスマン帝国
「パクス・オトマニカ」の構造
「西洋の衝撃」とナショナリズム ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可