日蓮入門 ─現世を撃つ思想

末木 文美士

日�「82/蓮�「/は多面的な思想家である。権力に挑む宗教家、孤独で内省的な理論家、大らかな夢想家など。その人柄に触れつつ、遺文を読み解き、多彩な思想世界を探る。

日蓮入門 ─現世を撃つ思想
  • シリーズ:ちくま新書
  • 726円(税込)
  • Cコード:0214
  • 整理番号:255
  • 刊行日: 2000/07/18
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:224
  • ISBN:4-480-05855-9
  • JANコード:9784480058553
末木 文美士
末木 文美士

スエキ フミヒコ

1949年山梨県に生まれる。東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。東京大学大学院人文社会系研究科教授を経て、現在、国際日本文化研究センター教授。仏教学専攻。著書に、『日本仏教史――思想史としてのアプローチ』(新潮社)、『日本仏教思想史論考』(大蔵出版)、『仏教――言葉の思想史』(岩波書店)、『鎌倉仏教形成論』(法g館)、『思想としての仏教入門』『鎌倉仏教展開論』(いずれもトランスビュー)『増補 日蓮入門』(ちくま学芸文庫)『現代仏教論』(新潮新書)などがある。

この本の内容

日蓮主義は、軍国日本において超国家主義者に信奉されるなど、時に政治を動かす危険なイデオロギーともなってきた。だが、実際の著作を読んでゆくと、真の日蓮は、そんな一筋縄ではとらえられない、実に多面的な思想家であることに気づくだろう。政治権力に挑戦する闘う思想家、孤独で内省的な理論家、ユートピアを思い描く夢想家、大らかな現実主義者など。魅力的なその人柄に触れつつ、『立正安国論』『観心本尊抄』『三大秘法抄』などの遺文をひとつひとつ読み解き、多彩で奥深い思想世界を探る。

この本の目次

1 日蓮を読むために(日蓮への接近
生涯と著作 ほか)
2 神話と事実(自ら紡ぐ神話―『種種御振舞御書』
個へ向けられた語りかけ―消息類)
3 闘う仏教者(宗教と政治―『立正安国論』
念仏批判の根拠―『守護国家論』)
4 内省と自覚(佐渡流罪
受難の正当化―『開目抄』 ほか)
5 理想と現実(身延隠棲
未来に賭ける理想―『三大秘法抄』 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可