イギリス英語の裏表

小林 章夫

今や周囲に溢れる米語の前では、英語が元来イギリスの言葉であったことさえ印象が薄い。長い年月の間に熟成された英国英語独特の面白さを軽妙に語りつくす快著。

イギリス英語の裏表
  • シリーズ:ちくま新書
  • 748円(税込)
  • Cコード:0282
  • 整理番号:284
  • 刊行日: 2001/02/19
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:192
  • ISBN:4-480-05884-2
  • JANコード:9784480058843

この本の内容

ビジネスであれ映画や音楽であれインターネットであれ、我々の周囲に充ち溢れる英語のほとんどはアメリカ英語である。今では、英語は元来イギリスの言葉である、などと言えばかえって奇異に思われるほどに、イギリス英語は実用の舞台から消え去ってしまった。とはいえ、いくたの歳月をへて他のヨーロッパ諸国のみならず世界のあらゆる言語と接触するなかで、イギリス英語は諸言語の語彙を貪欲に取りこみつつ実りゆたかな発展をとげてきた。独得の風土と歴史を通して育まれたイギリス英語の面白さを軽妙な筆致で描く快著。

この本の目次

第1章 豊かな言語をつくる秘訣
第2章 捨てられた言葉たち
第3章 言葉の魔術師
第4章 英語改革案
第5章 英語辞典の誕生
第6章 上流階級はモーツァルトがお好き
第7章 標準語と方言
第8章 押し寄せる移民たち
第9章 イギリス人の英語の魅力
第10章 イギリス人の英語とどうつきあうか

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可