国家学のすすめ

坂本 多加雄

国家は本当に時代遅れになったのか。日常の生活感覚から国家の意義を問い直し、ユーラシア東辺部という歴史的・地理的環境に即した「この国のかたち」を展望する。

国家学のすすめ
  • シリーズ:ちくま新書
  • 814円(税込)
  • Cコード:0231
  • 整理番号:311
  • 刊行日: 2001/09/19
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:256
  • ISBN:4-480-05911-3
  • JANコード:9784480059116
坂本 多加雄
坂本 多加雄

サカモト タカオ

1950−2002年。名古屋市生まれ。東京大学大学院法学政治学研究科博士課程修了。元学習院大学教授。日本政治思想史専攻。日本国家の来歴をどう位置づけるかをライフワークとした。1991年、本書でサントリー学芸賞と日経経済図書文化賞を受賞。『山路愛山』(吉川弘文館)、『象徴天皇制度と日本の来歴』(都市出版、読売論壇賞受賞)、『日本は自らの来歴を語りうるか』(筑摩書房)、『国家学のすすめ』(ちくま新書)など著書多数。

この本の内容

十九世紀後半、日本は植民地化の危機をしのぎ、かろうじて近代国家として独立することができた。その国家という枠組みは、今日、本当に時代遅れになってしまったのだろうか。そして「想像の共同体」や「創られた伝統」の真の意味とは何か。日常の生活感覚から国家の意義を問い直し、ユーラシア東辺部という地理的・歴史的環境に即した「この国のかたち」を考える。

この本の目次

第1章 国家論の隘路(国家相対化論の隆盛
戦後の平和主義 ほか)
第2章 国家とは何か(国家は「実在」する
国家という制度の役割 ほか)
第3章 国民と民族(重層的なアイデンティティー
なぜ国民か ほか)
第4章 日本の国家をめぐって(国家建設と国際緊張
日本列島の国際緊張 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可