文明と野蛮の衝突 ─新・文明論之概略

俵木 浩太郎

イスラムの激しい憎しみの背景には何があるのか。一神教起源の 文明と野蛮との闘い を、孔子や司馬遷、福沢諭吉など東洋の視点から整理し、新しい文明観を提示する。

文明と野蛮の衝突 ─新・文明論之概略
  • シリーズ:ちくま新書
  • 792円(税込)
  • Cコード:0220
  • 整理番号:322
  • 刊行日: 2001/11/19
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:240
  • ISBN:4-480-05922-9
  • JANコード:9784480059222

この本の内容

ブッシュ大統領はテロリストとの戦いを「十字軍」と呼び、タリバンもまたジハード(聖戦)を呼びかけている。こうした激しい争いの背景には何があるのだろうか。一神教起源の「文明と野蛮との戦い」を、孔子や司馬遷、福沢諭吉など東洋の視点から整理し、新しい文明観を提示する。

この本の目次

文明論と福沢テーゼ
ゆらぐ「文明」概念
西方の野蛮―文野闘争の起源
「出エジプト」の遊牧民性と野蛮
なぜいま孔孟か
孔子という人
孔子が夢見た周公
孔子の好学・武士の好学
楠正成の死の意味は?
「自由への日本の闘い」とその後の成り行き
「自由」の歴史と孔孟思想
文明論の展望―文野闘争を超えて

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可