24時間戦いました ─団塊ビジネスマンの退職後設計 

布施 克彦

高度成長期の消費をリードし、社会変革に燃え、そして精一杯働いてきた、あれはいったいなんだったのか? 団塊の世代が今後果たすべき役割と設計を果敢に提示。

24時間戦いました ─団塊ビジネスマンの退職後設計 
  • シリーズ:ちくま新書
  • 748円(税込)
  • Cコード:0236
  • 整理番号:456
  • 刊行日: 2004/02/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:208
  • ISBN:4-480-06156-8
  • JANコード:9784480061560

この本の内容

いまから十数年前、我が国がバブル経済に酔いしれている頃、テレビの画面では「24時間戦えますか?」というCMが流れていた。日本企業は世界を席巻し、日本のビジネスマンはまさに仕事に明け暮れる日々を謳歌した。いま、日本経済は長期低迷。当時、ビジネスの最前線で戦い続け、世界一の経済大国をリードするはずだった団塊の世代はリストラのターゲットとなり、社会のお荷物扱いを受けるに至っている。「24時間戦った」あの時代はいったい何だったのか?人生八十年時代を迎え、団塊の世代が果たすべき今後の役割と人生設計を果敢に提示する。

この本の目次

第1章 24時間戦ったのに…
第2章 こんな日本に誰がした
第3章 団塊の世代は社会のお荷物になる
第4章 団塊の世代とは何者なのか
第5章 定年前こそが勝負の時
第6章 世代間連携が日本を再生する

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可