ことばとは何か ─言語学という冒険

田中 克彦

ことばはなぜ諸国語に分かれ、なぜ変わるのか。民族の根拠ともなるこの事実をめぐるソシュールら近・現代言語学の苦闘を読みとき、二一世紀の言語問題を考える。

ことばとは何か ─言語学という冒険
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体720円+税
  • Cコード:0280
  • 整理番号:463
  • 刊行日: 2004/04/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:240
  • ISBN:4-480-06163-0
  • JANコード:9784480061638
田中 克彦
田中 克彦

タナカ カツヒコ

1934年兵庫県生まれ。東京外国語大学モンゴル語科、一橋大学大学院社会学研究科、ボン大学哲学部にて、モンゴル語、言語学、民族学、文献学を学ぶ。現在、一橋大学名誉教授。主な著書に『ことばと国家』『言語学とは何か』『ノモンハン戦争』(岩波書店)、『漢字が日本語をほろぼす』(角川SSC新書)、『ことばとは何か』(講談社学術文庫)などがある。 写真:納村公子

この本の内容

ことばが初めから完璧なものなら、それは変わらないし多様な形をとることもないはずだ。しかし実際には時間とともに姿を変えるし、地上には何千種類ものことばがある。社会規範に取り込まれながらも逸脱してゆく。このとらえどころのない対象に十九世紀言語学は生物学のように接近し、二十世紀構造主義はことばの変化に目をつぶったが実はこの変化にこそ本質があるのではないか。ことばを、自らの意思を持たない自然の性質と同時に、技術といった文化的性質をあわせもつものととらえ、当面する言語問題について考える。

この本の目次

第1章 言語学史から何を学ぶか(言語と言語学史
規範と体系
誤りの中にこそ真実が
近代言語学はことばをどう扱ってきた ほか)
第2章 言語変化の問題―ことばはなぜ変ってはいけないのか(ことばは変ってはいけないか、なぜ変るのか
構造への逃走
「社会的事実」とデュルケム ほか)
第3章 当面する言語問題(言語はコミュニケーションの道具にとどまらない
言語の絶滅にいかに対処すべきか
生物の分類学と言語の分類学 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可