拉致はなぜ防げなかったのか ─日本警察の情報敗戦

川邊 克朗

よど号事件、金大中拉致、大韓機撃墜事件から日本人拉致事件に連なる複雑に絡み合った糸を解きほぐしつつ、朝鮮半島をめぐる情報戦の実態を明らかにする。

拉致はなぜ防げなかったのか ─日本警察の情報敗戦
  • シリーズ:ちくま新書
  • 748円(税込)
  • Cコード:0231
  • 整理番号:467
  • 刊行日: 2004/04/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:208
  • ISBN:4-480-06167-3
  • JANコード:9784480061676

この本の内容

「五人生存、有本恵子さんを含む八人死亡、不明一人」―二〇〇二年九月に北朝鮮側から初めて明かされた日本人拉致被害者についての安否情報は、警察関係者にとって最悪の結末だった。拉致問題を担当していた公安警察は、事件性に気づきながらも、なぜ被害者救済に消極的だったのか。警察に限らず、日本政府当局の“インテリジェンス=情報”軽視は、米国9・11テロ後の今日にまで、重大な問題を投げかけている。よど号問題、金大中拉致事件、大韓機撃墜事件などの背後にあった、日本と朝鮮半島を結ぶ複雑に絡み合った糸を解きほぐしつつ、テロ時代の安全保障を再検討する。

この本の目次

第1章 「KT」から「日本人拉致事件」へ
第2章 「金賢姫」、そして「日本人拉致」再び
第3章 七〇年代の「亡霊」たち
第4章 「朝鮮分断」のリアリティ
第5章 「9・11テロ」余波
第6章 「9・17小泉訪朝」ショック
第7章 「小泉訪朝」後のヘゲモニー

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可