数学力をどうつけるか

戸瀬 信之

かつて高い水準を誇った日本の数学力は、なぜダメになったのか。豊富なデータをもとに学力低下の原因を明らかにし、海外との比較も交えながら復活への道筋を示す。

数学力をどうつけるか
  • シリーズ:ちくま新書
  • 770円(税込)
  • Cコード:0241
  • 整理番号:490
  • 刊行日: 2004/09/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:224
  • ISBN:4-480-06190-8
  • JANコード:9784480061904

この本の内容

小学校から大学まで、日本の学力低下は深刻な惨状を呈している。にもかかわらず、「ゆとり教育」は着実に進められつつある。著者が豊富なデータに基づいて指摘した理数系の弱さへの対策も、手付かずのままである。実は数学力に限っていえば、昭和三〇年代後半から五〇年代前半の数学教育は充実したものだった。当時、激化しつつあった受験戦争が批判されたが、日本の数学力は常に高い水準を維持していたのである。数学教育は、どこで間違えたのだろうか。国際的に抜きんでた数学力を回復するための方法を、海外比較を交えて提案する。

この本の目次

第1章 大転換したアメリカの教育
第2章 数学者の見た教育問題
第3章 分数ができない大学生
第4章 勉強しない子供たち
第5章 フランスの学力のきたえ方
第6章 「ゆとり教育」はなぜ悪いか
第7章 日本の教育の未来

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可