前衛仏教論 ─<いのち>の宗教への復活

町田 宗鳳

仏教とは、あらゆる束縛から私たちを解き放つエネルギーだ。閉塞した日本仏教への大胆な提言を交え、命そのものを慈しむ思想としてのおおらかさを再発見する。

前衛仏教論 ─<いのち>の宗教への復活
  • シリーズ:ちくま新書
  • 770円(税込)
  • Cコード:0215
  • 整理番号:508
  • 刊行日: 2004/12/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:224
  • ISBN:4-480-06208-4
  • JANコード:9784480062086

この本の内容

仏教といえば、「葬式」「法事」「お墓」など、死者のイメージがつきまとう。あるいは意味不明のお経、丸もうけする坊主…およそ普通の日常とは縁がなさそうだ。しかし、仏教は本来、宇宙に遍満するあらゆる〈いのち〉を慈しむ。私たちを生き難くするあらゆる束縛から解き放ち、のびのびと今を楽しむ自由な自分を取り戻す道であるのだ。本書は、二十年の長きにわたり仏道修行を積んだ後、海外で比較宗教学を修めた破天荒な宗教学者が、閉塞した日本仏教への大胆な提言を交え、その思想としてのおおらかさを再発見する試み。

この本の目次

第1章 仏教の本質とは何か―「ホトケを殺せ!親を殺せ!」(臨済の殺し文句
真理は自己の内面にある ほか)
第2章 よみがえる仏教 核心から革新へ―「歴史を破る力」をもった人々(飛鳥の非常識人・聖徳太子
平安京の異端児・空海と最澄 ほか)
第3章 お寺自由自在―「守る」時代から「創る」時代へ(第二の廃仏毀釈が到来する
お寺を復活させる ほか)
第4章 前衛仏教実践法―もっと過激に、もっとシンプルに(真っ白な雪の上を歩くように
最低最悪の自分に気づく ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可