日本はテロを防げるか

宮坂 直史

自由か安全か、日本社会は究極の選択を迫られつつある。国内外のテロ対策はどう整備されているのだろうか。戦後史をふり返り、知られざる対テロ最前線の真相に迫る。

日本はテロを防げるか
  • シリーズ:ちくま新書
  • 814円(税込)
  • Cコード:0231
  • 整理番号:510
  • 刊行日: 2004/12/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:256
  • ISBN:4-480-06210-6
  • JANコード:9784480062109

この本の内容

テロ対策も他の治安関係の案件と同様に、国内で完結する事案のように思われる。ところがテロリストはしばしば国境を越えて活動するために、主要な政策は国際的な合意の中で立案・実施されている。それは一九七〇年代に、イスラエルはもちろんアメリカ、イタリア、ドイツ、イギリスなど先進諸国でテロが激化し始めて以降、顕著になったが、9・11後は流れが加速している。日本でもいまだに大きな謎となっている地下鉄サリン事件などによってテロが他人事ではなくなった今日、テロ対策はどのように組織されているのだろうか。戦後史をふり返りながら、転換期にある日本のテロ対策について考える。

この本の目次

第1章 九・一一テロとその後
第2章 テロの戦後史
第3章 オウム真理教の衝撃
第4章 テロ対策への視座
第5章 民主主義国家のテロ対策
第6章 日本の課題

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可