世界をよくする現代思想入門

高田 明典

その「目的」をおさえて読めば、「現代思想」ほど易しくて役に立つ思想はない。「構造主義」や「ポストモダニズム」の「やってること」がすっきりわかる一冊。

世界をよくする現代思想入門
  • シリーズ:ちくま新書
  • 858円(税込)
  • Cコード:0210
  • 整理番号:577
  • 刊行日: 2006/01/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:272
  • ISBN:4-480-06284-X
  • JANコード:9784480062840
高田 明典
高田 明典

タカダ アキノリ

1961年生まれ。フェリス女学院大学文学部コミュニケーション学科教授。早稲田大学大学院文学研究科心理学専攻修士課程修了。早稲田大学大学院理工学研究科電気工学専攻電子通信工学専門分野博士後期課程単位取得満期退学。茨城大学教育学部非常勤講師(文化記号論)。芸術科学会会員。日本心理学会会員。情報処理学会会員。IEEE会員。著書に、『世界をよくする現代思想入門』(ちくま新書)、『難解な本を読む技術』(光文社新書)、『知った気でいるあなたのための構造主義方法論入門』、『知った気でいるあなたのためのポストモダン再入門』(以上、夏目書房)、『物語構造分析の理論と技法』(大学教育出版)など。

この本の内容

難解で役に立たないと思われがちな「現代思想」。しかし、それらの思想が、どんな「目的」を持って、どういう「道筋」や「思考の技術」を使って展開されているのか、を見ることによって、「難解さ」は解消し、「役に立たない」という批判は誤解にすぎないことがわかるでしょう。本書では、「現代思想」によって、「幸福」や「よさ」を追求するための技術を解説し、それが日々の生活の中で使えるようになることを目指します。繰り返して参照するのにも便利な「ブックガイド」「キーワード解説」付き。

この本の目次

第1章 現代思想の目的
第2章 現代思想の「土壌」
第3章 現代思想の「誕生」
第4章 現代思想の「変遷」
第5章 現代思想の「現在」
第6章 現代思想の「これから」

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可