自閉症  ─これまでの見解に異議あり!

村瀬 学

いつもと違う「順序」や「配列」を強要される時、人は誰でも少しパニックになる。自閉症にも、このメカニズムが働いている。彼らと我々は同じ地平にいることを解説する。

自閉症  ─これまでの見解に異議あり!
  • シリーズ:ちくま新書
  • 792円(税込)
  • Cコード:0211
  • 整理番号:609
  • 刊行日: 2006/07/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:240
  • ISBN:4-480-06307-2
  • JANコード:9784480063076

この本の内容

自閉症児の特徴は、「変化への抵抗」「同一性の保持」という点にみられる。数、暦、地図の発見は人類が作り出した三大叡智であるが、「順序」や「配列」が損なわれるとき、人は誰でもある程度のパニック状態になる。自閉症児の「おそれ」の根には、こうしたメカニズムが働いていることがみて取れる。彼らとわれわれは決して断絶しているのではなく、むしろ同じ地平に立っている。これまでの自閉症=特殊論に異議を唱え、この生のあり方が誰にも共感でき、理解できるものであることを主張する。

この本の目次

第1章 自閉症のはじまり
第2章 自閉症以前の問題
第3章 これまでの「自閉症論」批判
第4章 「放浪」とは何か
第5章 自閉症裁判
終章 「おくれ」とは何か

読者の感想

2008.4.21 さくら

全く同じ,とは言わないまでもこうも特徴が当てはまる事に正直驚いた。それは私の息子Dである。特徴は当てはまるが確かに「くらし」は「ふつう」だと感じている。私も同じ「おくれ」を生きている存在であることをなぜ今まで気づかなかったのか。15歳になろうとする彼を私は「社会の尺度」にあてはめようとしている。とても苦しくいつも泣いてしまう。母親としての正直な気持ち,「ふつう」を生きて良いのだろうか?同じ地平に立って生きていくこと,ってどんなことだろう。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可