中国・アジア・日本  ─大国化する「巨龍」は脅威か

天児 慧

大国化する中国とどうつき合うかという問題は、日本にとって中長期的な課題である。中国のゆくえを冷静に見極め、岐路に立つアジア外交について大胆に提言する。

中国・アジア・日本  ─大国化する「巨龍」は脅威か
  • シリーズ:ちくま新書
  • 770円(税込)
  • Cコード:0231
  • 整理番号:621
  • 刊行日: 2006/10/04
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:224
  • ISBN:4-480-06326-9
  • JANコード:9784480063267
天児 慧
天児 慧

アマコ サトシ

1947年生まれ。専攻は中国政治、アジア現代史。早稲田大学卒業、一橋大学大学院博士課程修了。社会学博士。外務省専門調査員としての在北京日本大使館勤務などを経て、現在、早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授。著書に『中国・アジア・日本』(筑摩書房)、『中華人民共和国史』(岩波新書)、『中国 溶変する社会主義大国』『現代中国』(いずれも東京大学出版会)がある。

この本の内容

「大国」としての存在感を増す中国。農村問題、官僚汚職、メディア規制など、歪んだ社会構造に蝕まれてはいるが、中国の経済成長率が六〜八%を維持するならば、二〇一五年ごろにGDPは日本と肩を並べるだろう。これは、東アジアに日本と中国という二つのパワーが登場することを意味する。そのとき、日中関係はどうあるべきなのか?本書では、反日・反中感情の構造、米中関係の実態、東アジア共同体の可能性などを冷静に分析し、「巨龍」のゆくえを大胆に展望する。中長期的な視点から日中関係を正しくとらえるための必読の書。

この本の目次

序章 日本・東アジアを取り巻く新しい可能性
第1章 反日・反中問題をどう捉えるか
第2章 台頭する中国と病める中国
第3章 対米外交と「和諧」戦略
第4章 東アジア共同体と新国際秩序構想
終章 日本外交をどう展望するか

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可