昭和33年

布施 克彦

今だってわるくはない!
日本人は「昔はよかった症候群」だ。いつの時代も過去を美化して未来を憂う。だが、心配はいらない。

映画『ALWAYS 三丁目の夕日』を見て、多くの人が「あの頃はよかった」と涙を流した。貧しかったが夢と希望に溢れる時代だったという。だが、今だって悪くはない。

昭和33年
  • シリーズ:ちくま新書
  • 770円(税込)
  • Cコード:0236
  • 整理番号:633
  • 刊行日: 2006/12/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:224
  • ISBN:4-480-06335-8
  • JANコード:9784480063359

この本の内容

映画『ALWAYS 三丁目の夕日』を見て、多くの中高年と、なぜか二十代の若者までが、「あの頃はよかった」と涙を流した。昭和三十年代を黄金期とする言説がある。あの頃は、日本が一番輝いていた、貧しかったが夢と希望のある時代だったという。だが、本当にそうだったのだろうか?昭和三十三年は、ただ懐かしむだけの年ではない。あの年の事象を今日と重ね合わせることで、これからの日本が見えてくる。

この本の目次

第1章 過去を美化し、未来を憂える日本人
第2章 先行き不透明だった高度成長の夜明け
第3章 本当にあった下流社会
第4章 当時のテレビ革命と現在のネット革命
第5章 健全化する社会、スポーツ大国へ
第6章 昭和三十三年から明日の日本を読む

読者の感想

2009.2.12 エスペロ

昭和32年高校入学、同36年一浪後大学入学、昭和40年
大学卒・・・

昭和30年代は私にとって、青春そのものです。懐かしい・・・ただそれだけです・・・
だが、冷静に振り返ってみると、昭和30年代は今よりよくなかったと思います。犯罪、災害による死者数、交通事故死者数、一家心中、病気・・・など今よりはるかに多かったです。
・・・人々は、貧しいながら助け合っていた・・・と言いますが、年金も生活保護もなかった時代です。助け合わざるえを得なかったのです・・・

現在67歳・・・今が最高です・・・

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可