文科系のためのDNA入門

武村 政春

いまさら聞けない。

DNAって結局何? 今さら訊けない身近な疑問から説き起こし、複雑にしてダイナミックな働きをつぶさに解説。その本質に迫るエンターテインメントな生物学入門。

文科系のためのDNA入門
  • シリーズ:ちくま新書
  • 792円(税込)
  • Cコード:0245
  • 整理番号:709
  • 刊行日: 2008/03/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:240
  • ISBN:978-4-480-06408-0
  • JANコード:9784480064080
武村 政春
武村 政春

タケムラ マサハル

1969年三重県生まれ。名古屋大学大学院医学研究科博士課程修了。名古屋大学助手、三重大学助手を経て、現在、東京理科大学講師(理学部第一部教養学科)。分子細胞生物学研究、特にDNA複製システムと複製酸素の作用機序を専門とする一方、生物学教育ならびに科学啓蒙の新しい方法を研究・実践。また幅広い趣味の中に妖怪研究があり、生物学とそれを融合させた著書もある。近年、啓蒙科学の新鋭として注目されている。著書に『生命のセントラルドグマ』(講談社ブルーバックス)、『DNAの複製と変容』(新思索社)、『ろくろ首の首はなぜ伸びるのか』(新潮新書)、『人間のための一般生物学』(裳華房)など。

この本の内容

前世紀の大発見にして、今やすっかりお馴染み、わかったつもりになっているDNA。でも、親と子が似るのはなぜか、DNA鑑定は何を特定できるのか、明確に答えられるだろうか。本書では、身近で科学的な疑問に答えながら、卓抜なアナロジーを駆使してDNAワールドを解説。複雑にしてダイナミックなDNAの振る舞いをつぶさに見つめ、さらにその起源にまで迫る壮大にしてエンターテインメントな生物学入門。

この本の目次

第1章 DNAとは何か―どうして親と子は似るのか(遺伝子・DNA・タンパク質
ねじれたDNAと膨潤した核)
第2章 複製するDNA―それはどのように親から子へと受け継がれるのか
第3章 格納されたDNA―DNAは核の中で一体何をしているのか
第4章 人間社会とDNA―それは私たちとどう関わっているのか
第5章 DNA・今昔物語―それはどこからきたのか

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可