カメラに訊け! ─知的に遊ぶ写真生活

田中 長徳

カメラ選びは生き方選び

銘機や35ミリフィルムの誕生秘話とその活躍、レンズに宿る空気感の正体、そして高級デジカメとの付き合い方、さらに写真家チョートクのカバンの中身まで大公開!

カメラに訊け! ─知的に遊ぶ写真生活
  • シリーズ:ちくま新書
  • 814円(税込)
  • Cコード:0272
  • 整理番号:771
  • 刊行日: 2009/03/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:240
  • ISBN:978-4-480-06473-8
  • JANコード:9784480064738
田中 長徳
田中 長徳

タナカ チョウトク

1947年東京生まれ。写真家、カメラ評論家。日本大学芸術学部写真学科卒業後、日本デザインセンターを経てフリーとなりウィーンに住む。1980年帰国後、個展、雑誌へと作品を発表し続けている。近著には『チョートク海をゆく』(東京キララ社)、『カメラは知的な遊びなのだ。』(アスキー新書)、『晴れたらライカ、雨ならデジカメ』(岩波書店)、『銘機礼讃』シリーズ(日本カメラ社)や、岩波写真文庫の田中長徳セレクション・シリーズなど多数。毎日更新のブログ「KCチョートクカメラ日記」

著者に関する情報

著者のブログはこちら

推薦のことば

デジタルカメラ+フィルムカメラ=知的カメラ生活 山口昭男

[全文を読む]

この本の内容

目下、カメラの快楽は危機に瀕しております。とどまることを知らないデジカメの進化によって、誰でも気軽に高画質な写真を楽しめるようになりました。しかし我らカメラ人類はそれでは納得できないのであります。実用のためだけでなく、知的なカメラ遊びへの欲求も満たしたい。では、どうするか?銘機や35ミリフィルムの誕生秘話と活躍譚、レンズに宿るという“空気感”の正体、そしてフラッグシップ機との付き合い方、さらに写真家チョートクのカバンの中身まで大公開。読むだけで写真が上手くなる…かもしれない情報をギュウ詰め。

この本の目次

第1章 あなたの愛機はブランドですか?―メーカーの付加価値競争とユーザーの購入基準は活断層化する
第2章 お父さんのための大きく重い「高画質デジカメ」―フラッグシップ機の現実
第3章 ライカにうっとりする理由を解明する―銘機マニアの病理学
第4章 中古レンズの“空気感”の正体―オリジナルプリントのイコン性
第5章 写真機の発達はフィルムと共に―映画カメラの美学
第6章 ブランドがブランドたる理由―デジカメブランドはあるがブランドデジカメは存在しない
第7章 チョートク、中国のカメラ工場を歩く―中国製カメラ今昔
第8章 いったいなにを撮りたいの?―プロとアマチュアの道具へのこだわりはこう変わった

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可