日本の殺人

河合 幹雄

人を殺すとはどういうことか?

殺人者は、なぜ、どのように犯行におよんだのか。彼らにはどんな刑罰が与えられ、出所後はどう生活しているか…。仔細な検証から見えた人殺したちの実像とは。

日本の殺人
  • シリーズ:ちくま新書
  • 858円(税込)
  • Cコード:0236
  • 整理番号:787
  • 刊行日: 2009/06/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:272
  • ISBN:978-4-480-06488-2
  • JANコード:9784480064882
河合 幹雄
河合 幹雄

カワイ ミキオ

1960年生まれ。京都大学大学院法学研究科法社会学専攻博士課程修了。現在、桐蔭横浜大学教授。専門は法社会学。著書には『安全神話崩壊のパラドックス−治安の法社会学』(岩波書店)。共著には『法の臨界2秩序像の転換』(東京大学出版会)、『体制改革としての司法改革』(信山社)、訳書に『司法が活躍する民主主義――司法介入の急増とフランス国家のゆくえ』(頸草書房)などがある。

この本の内容

人殺しのニュースが報じられない日はない。残忍な殺人鬼が、いつ自分や自分の愛する人に牙を剥くか。治安の回復は急務である、とする声がある。しかし、数々の事件を仔細に検証すると、一般に叫ばれる事態とは異なる犯罪者の実像が浮かび上がる。では、理解不能な凶悪な事件を抑止するために、国はどのような対策を講じているか。そして日本の安全神話はどうして崩壊してしまったのか。さらに、刑罰と出所後の生活、死刑の是非、裁判員制度の意義まで。

この本の目次

第1章 殺人事件の諸相(日本は殺人が多いか
心中 ほか)
第2章 捜査、刑務所生活、そして出所後(捜査
完全犯罪あるいは闇に消える事件 ほか)
第3章 ひとを殺すとはどういうことか(被害者は誰か
遺族の辛さ ほか)
終章 社会的大転換の裁判員制度(まとめとして
裁判員制度と今後の日本の刑事司法 ほか)

読者の感想

2009.6.09 小飼弾

「ついカッとなって」から戦争まで
小飼弾ブログ 404 Blog Not Found

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可