貧困化するホワイトカラー

森岡 孝二

派遣の次は正社員切り!

非正規化、過重労働、成果主義、自殺……。人を死に追いつめるホワイトカラーの仕事とはなんだろうか? その困難の背景に切り込む。すべての働く人に、必要な一冊。

貧困化するホワイトカラー
  • シリーズ:ちくま新書
  • 836円(税込)
  • Cコード:0236
  • 整理番号:781
  • 刊行日: 2009/05/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:256
  • ISBN:978-4-480-06489-9
  • JANコード:9784480064899
森岡 孝二
森岡 孝二

モリオカ コウジ

1944年生まれ。香川大学経済学部卒業、京都大学大学院博士課程進学。現在、関西大学経済学部教授。専門は、株式会社論、企業社会論、労働時間論。株主オンブズマン代表も務め、企業の違法行為の是正に取り組んでいる。著書に『企業中心社会の時間構造』(青木書店)、『日本経済の選択』(桜井書店)、『粉飾決算』(岩波ブックレット)、『働きすぎの時代』(岩波新書)などがある。

この本の内容

二〇〇八年から始まる恐慌のあおりを受けて、派遣社員の大量解雇など、雇用情勢は非常に悪化している。もはやホワイトカラーが勝ち組であるといった風潮は存在しない。非正規化、過重労働、成果主義といった圧力が重くのしかかり、ついには死に至ることもある。そのような日本のホワイトカラーの働き方・働かせ方に切り込み、その困難の背景と原因を探る。

この本の目次

序章 恐慌が壊れた雇用を直撃する
第1章 悲しき中流階級―ホワイトカラーの原像
第2章 しぼられるホワイトカラー
第3章 このままでは仕事に殺される
第4章 雇用差別に屈しない
第5章 阻止されたホワイトカラー・エグゼンプション
終章 市場個人主義を超えて

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可