使える!経済学の考え方  ─みんなをより幸せにするための論理

小島 寛之

よい社会、って何だ?

人は不確実性下においていかなる論理と嗜好をもって意思決定するのか。人間行動の本質を確率理論を用いて抽出し、「幸福な社会」のあり方をロジカルに基礎づける。

使える!経済学の考え方  ─みんなをより幸せにするための論理
  • シリーズ:ちくま新書
  • 814円(税込)
  • Cコード:0233
  • 整理番号:807
  • 刊行日: 2009/10/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:240
  • ISBN:978-4-480-06509-4
  • JANコード:9784480065094
小島 寛之
小島 寛之

コジマ ヒロユキ

1958年東京都生まれ。東京大学理学部数学科卒業。同大学院経済学研究科博士課程修了。経済学博士。現在、帝京大学経済学部経済学科教授。専攻は数理経済学、意思決定理論。数学エッセイストとしても多方面で活躍しており、そのわかりやすい語り口には文系・理系の読者を問わず定評がある。主な著書に『使える!確率的思考』『使える!経済学の考え方』(以上、ちくま新書)『数学的思考の技術』(ベスト新書)、『天才ガロアの発想力』(技術評論社)、『キュートな数学名作問題集』(ちくまプリマー新書)、『無限を読みとく数学入門』(角川ソフィア文庫)、『数学でつまずくのはなぜか』(講談社現代新書)、『完全独習 統計学入門』(ダイヤモンド社)など多数。

この本の内容

経済学とは単なる「お金儲け」の学問ではない。「どうすれば、みんなが幸福になれるか」を探究する営みだ―。世の中では、ある人の幸せが他の人の不幸へとつながることがしばしば起こる。では、そうした不可避の困難のもと、あるべき社会の形をどう構想すればよいのか。本書は最先端の確率理論を駆使して、この難題に鋭く切り込む試みである。不確実な世界における人間の行動様式の本質を抽出し、そこから、自由で平等な社会のあり方をロジカルに(しかし熱いハートで)基礎づける。

この本の目次

序章 幸福や平等や自由をどう考えたらいいか
第1章 幸福をどう考えるか―ピグーの理論
第2章 公平をどう考えるか―ハルサーニの定理
第3章 自由をどう考えるか―センの理論
第4章 平等をどう考えるか―ギルボアの理論
第5章 正義をどう考えるか―ロールズの理論
第6章 市場社会の安定をどう考えるか―ケインズの貨幣理論
終章 何が、幸福や平等や自由を阻むのか―社会統合と階級の固着性

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可