マーケティングを学ぶ

石井 淳蔵

生活者志向で活路を開け!

市場が成熟化した現代、生活者との関係をどうデザインするかが企業にとって大きな課題となる。著者はここを起点にこれからのマーケティング像を明快に提示する。

マーケティングを学ぶ
  • シリーズ:ちくま新書
  • 1,034円(税込)
  • Cコード:0234
  • 整理番号:822
  • 刊行日: 2010/01/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:320
  • ISBN:978-4-480-06530-8
  • JANコード:9784480065308
石井 淳蔵
石井 淳蔵

イシイ ジュンゾウ

1947年生まれ。神戸大学大学院経営学研究科博士課程修了。神戸大学大学院経営学研究科教授を経て、現在、流通科学大学学長。商学博士。専攻は、経営学、マーケテイング論。著書に『マーケテイングの神話』(岩波現代文庫)、『ブランドー価値の創造』『ビジネス・インサイトー創造の知とは何か』(いずれも、岩波新書)、『ゼミナールマーケテイング入門』『マーケテイング優良企業の条件―創造的適応への挑戦」(いずれも、共著、日本経済新聞出版社)など多数。

この本の内容

供給が過剰となり、従来的な手法だけでは容易にモノが売れない時代を迎えている。グローバルな企業間競争もそれを加速させてやまない。だからこそ、企業にとっては生活者や顧客との関係をいかにデザインするかが喫緊の課題となってくる。つまり、市場に向けて、どのような戦略を練り、どう組織体制を整えていくか、というマーケティング・マネジメントの見直しだ。本書は、先進的な企業の取り組みを考察しながら、これからのマーケティング像を描いた、実践的入門書である。企業関係者、必読必携。

この本の目次

マーケティング・マネジメントを求めて
第1部 市場志向の戦略づくり
第2部 戦略志向の組織体制づくり
第3部 顧客との接点のマネジメント
第4部 組織の情報リテラシーを確立する
コマーシャル・イノベーションに向かって

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可