介護入門 ─親の老後にいくらかかるか?

結城 康博

この先、長生きしても損をする!

誰もが避けて通れない介護。その制度は複雑になり、保険証一枚だけではなんのサービスも受けられない。現場の声を拾い上げ、介護の仕組みがすっきりわかる一冊。

介護入門 ─親の老後にいくらかかるか?
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体720円+税
  • Cコード:0236
  • 整理番号:833
  • 刊行日: 2010/03/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:224
  • ISBN:978-4-480-06538-4
  • JANコード:9784480065384
結城 康博
結城 康博

ユウキ ヤスヒロ

1969年生まれ。淑徳大学社会福祉学部卒業後、法政大学大学院修士課程修了(経済学修士)、同大学大学院博士課程修了(政治学博士)。地域包括支援センター及び民間居宅介護支援事業所勤務経験を持つ。現在、淑徳大学准教授。専門は社会保障論、社会福祉学。著書に『医療の値段一診療報酬と政治』『介護一現場からの検証』(いずれも、岩波新書)、『介護の値段』(毎日新聞社)などがある。

この本の内容

老老介護、介護殺人、介護自殺など介護にまつわる事件が後を絶たない。介護保険が施行されてから一〇年経つが、事態はなんら改善されてはいない。それでも、超高齢化が避けられない現在、誰もが介護に直面することになる。では、どうすれば安心して介護生活を送ることができるだろうか。数多くのインタビューによって現場の声を丹念に拾い上げ、わかりにくい介護の仕組みを解説する。

この本の目次

序章 介護は危機的状況だ!
第1章 介護保険を使うには
第2章 いくらかかるの?介護の値段
第3章 どこまでが介護、どこからが医療?
第4章 認知症をともなう介護
第5章 あなたを介護する人はどこにいる?
終章 介護崩壊の危機を避けるために

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可