ダーウィン入門 ─現代進化学への展望

斎藤 成也

「進化論」は
何をもたらしたのか?

知の巨人、ダーウィン。彼はどんな時代を生き、何を考え、後世に何を遺したのか。その功績と限界を審判し、進化論の地平を展望する進化生物学の入門書。

ダーウィン入門 ─現代進化学への展望
  • シリーズ:ちくま新書
  • 858円(税込)
  • Cコード:0245
  • 整理番号:892
  • 刊行日: 2011/03/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:256
  • ISBN:978-4-480-06597-1
  • JANコード:9784480065971
斎藤 成也
斎藤 成也

サイトウ ナルヤ

1957年生まれ。国立遺伝学研究所教授。総合研究大学院大学生命科学研究科遺伝学専攻教授、東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻教授を兼ねる。日本学術会議会員。著書に『DNAから見た日本人』(ちくま新書)、『ゲノム進化学入門』(共立出版)、『自然淘汰論から中立進化論へ』(NTT出版)などがある。

この本の内容

19世紀の知の巨人、チャールズ・ダーウィン。自然淘汰論による進化論を提唱し、生物学だけでなく、現代思想にも大きな影響をあたえた。ダーウィンはどんな時代を生き、何を考え、私たちに何を遺したのか。ルネッサンスから現代までの進化学説史の緊張関係にわけいり、「ヒト」の観念がどのように変わってきたのかをたどる。ダーウィンの功績と限界を審判し、最先端の進化学が切り拓いた地平を展望する生物学の入門書。

この本の目次

第1章 ダーウィンとその時代
第2章 ダーウィン以前の生物学
第3章 ダーウィンの進化論
第4章 ダーウィンが研究した他の分野
第5章 ダーウィンの世界観
第6章 ダーウィニズムの変転
第7章 淘汰論から中立論へ
第8章 現代生物学におけるダーウィン
付録 生物進化に関する基礎概念の解説

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可