うつ自殺を止める ─〈睡眠〉からのアプローチ

松本 晃明

お父さん、
ちゃんと眠れてる?

日本の年間自殺者数に占める中高年の割合は依然高い。医療現場だけでなく、家族や地域の中で自殺予防にできることはないのか。その一つのモデルを本書は提示する。

うつ自殺を止める ─〈睡眠〉からのアプローチ
  • シリーズ:ちくま新書
  • 814円(税込)
  • Cコード:0236
  • 整理番号:899
  • 刊行日: 2011/04/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:224
  • ISBN:978-4-480-06602-2
  • JANコード:9784480066022
松本 晃明
松本 晃明

マツモト テルアキ

静岡県精神保健福祉センター所長。1990年浜松医科大学医学部卒業。浜松医科大付属病院精神神経科などでの研修を経て、1998年より静岡済生会総合病院精神科(科長)に勤務。2004年4月より現職。著書に『自殺予防の実際』(共著、永井書店)、『日本医師会 かかりつけ医うつ病対応力向上研修会講演記録集』(共著、日本医師会)。

この本の内容

一九九八年以来、日本における年間自殺者数は三万人を超える状態が続いている。なかでも中高年男性の割合が非常に高く、うつ病を患っていたケースが多い。この状況に対し、身近なところからできる、うつ・自殺予防対策として打ち出されたのが「富士モデル事業」である。静岡県富士市で始まったこの試みは、自殺への防波堤になりうるだけでなく、地域の活性化にもつながるものだ。活動の中心にいる精神科医が、“睡眠”に着目した取り組みの実際を詳述する。

この本の目次

序章 パパ、ちゃんと寝てる?
第1章 不眠とうつ病
第2章 働き盛り世代の自殺
第3章 不眠二週間はうつのサイン―富士モデル事業
第4章 富士モデル事業までの道
第5章 家族の幸せ、社会の幸せ
第6章 働き盛り世代の健康と命を守る
第7章 全国への広がり

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可