北朝鮮と中国 ─打算でつながる同盟国は衝突するか

五味 洋治

見えなかった依存と牽制の真実

いっけん良好に見える中朝関係だが、実は恐れ、警戒し合っている。熾烈な駆け引きの背後にある両国の思惑を、協力と緊張の歴史で分析。日本がとるべき戦略とは。

北朝鮮と中国 ─打算でつながる同盟国は衝突するか
  • シリーズ:ちくま新書
  • 858円(税込)
  • Cコード:0231
  • 整理番号:979
  • 刊行日: 2012/09/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:240
  • ISBN:978-4-480-06683-1
  • JANコード:9784480066831
五味 洋治
五味 洋治

ゴミ ヨウジ

1958年長野生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。83年中日新聞入社、現在東京新聞編集委員。97年韓国延世大学に語学留学。韓国ソウル支局、中国総局勤務を経て、米ジョージタウン大学にフルブライトフェローとして在籍。著書には、『南武線物語』『どうしてアナタは韓国(ウリナラ)にきたんですか?』『中国は北朝鮮を止められるか』『父・金日成と私――金正男独占告白』などがある。

この本の内容

北朝鮮にとって中国は、食糧・エネルギー・貿易・技術・安全保障すべてにおいて国家存続の生命線。中国にとって北朝鮮は、地政学上重要な緩衝地帯であり、豊富な地下資源など、“埋蔵利権”の宝庫である。一心同体に見える両国だが、実際は恐れ、警戒し合っている。その熾烈な駆け引きの背景にある互いの思惑を、緊張と協力の歴史とともに分析。さらに、核開発やミサイル問題、日本最大の懸案である拉致被害者の帰国問題、北朝鮮混乱・崩壊時の米中の予測まで。極東アジアの今後を左右する中朝関係の行方を探る。

この本の目次

第1章 最高指導者の死報
第2章 三代世襲と権力構造―後継者を支える幹部と中国の関係
第3章 北朝鮮の外交―生き残るための戦術
第4章 食糧とエネルギー―中朝経済の歴史
第5章 強盛大国構想と中国型資本主義―北朝鮮経済の未来
第6章 油断ならない隣人―利用価値と安全保障
終章 正恩体制と日本外交

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可