医療大転換 ─日本のプライマリ・ケア革命

葛西 龍樹

「家庭医」導入で
医療は根底から変わる!

無駄な投薬や検査、患者のたらい回しなどのシステム不全を解決する鍵はプライマリ・ケアにある。家庭医という「あなた専門の医者」が日本の医療に革命を起こす。

医療大転換 ─日本のプライマリ・ケア革命
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体740円+税
  • Cコード:0247
  • 整理番号:1025
  • 刊行日: 2013/08/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:208
  • ISBN:978-4-480-06731-9
  • JANコード:9784480067319
葛西 龍樹
葛西 龍樹

カッサイ リュウキ

1957年新潟県生まれ。横浜翠嵐高等学校、北海道大学医学部卒業。カナダ家庭医学会認定専門医課程修了(ブリティッシュ・コロンビア大学)。医学博士。1996年北海道家庭医療学センター設立。現在、福島県立医科大学医学部地域・家庭医療学講座主任教授。英国家庭医学会正会員専門医(MRCGP)。日本プライマリ・ケア連合学会理事(国際キャリア支援委員会委員長)。著書に『家庭医療』(ライフメディコム)、編書に『スタンダード家庭医療マニュアル』(永井書店)、共訳書に『マクウィニー家庭医療学(上)』(ぱーそん書房)などがある。

この本の内容

無駄な投薬や検査がない。患者のたらい回しもない。24時間体制でいつでも相談できる。日本に渦巻く医療への不信と不満、不安を一掃するプライマリ・ケアとは何か?日本の問題点や先進国の実践例を検討し、患者中心の医療への大転換の道筋を示す緊急提言。

この本の目次

第1章 立ち遅れた日本の医療(日本の医療のどこが問題か
プライマリ・ケアで何が変わるか)
第2章 プライマリ・ケアとは何か(「あなた」を専門にする医師
プライマリ・ケアを整備するメリット)
第3章 プライマリ・ケア先進国の実践例(ヨーロッパ
ヨーロッパ以外)
第4章 福島での災害医療(震災に対応できなかった従来の医療
家庭医療による震災復興)
第5章 患者中心の医療を(「総合診療専門医」の誕生
今後の課題)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可