北朝鮮で何が起きているのか ─金正恩体制の実相

伊豆見 元

金正恩はなぜ
無謀な賭けを
繰り返すのか

ミサイル発射、核実験、そして休戦協定白紙化――北朝鮮が挑発を繰り返す裏には、金正恩の深刻な権威不足があった。北朝鮮情勢分析の第一人者による最新の報告。

北朝鮮で何が起きているのか ─金正恩体制の実相
  • シリーズ:ちくま新書
  • 836円(税込)
  • Cコード:0231
  • 整理番号:1031
  • 刊行日: 2013/09/04
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:224
  • ISBN:978-4-480-06737-1
  • JANコード:9784480067371
伊豆見 元
伊豆見 元

イズミ ハジメ

1950年生まれ。静岡県立大学教授、同大学現代韓国朝鮮研究センター所長。専門は国際政治、北朝鮮現代政治。上智大学大学院国際関係論専攻修了。著書に『北朝鮮・その実像と軌跡』(共著、高文研)、『金正日体制の北朝鮮』(共編、慶應義塾大学出版会)など。

この本の内容

弾道ミサイル発射、核実験、南北朝鮮の休戦協定の白紙化通告、ムスダンミサイルの配備―なぜ北朝鮮は、この一年あまりの間、好戦的な発言と挑発を繰り返してきているのか。そこには、金正日の死後半年足らずで党・軍・国家の最高首位のポストに就かざるを得なかった金正恩の深刻な権威不足という事情がある。いま金正恩指導部で何が起きているのか。北朝鮮ウォッチャーとして長年にわたり活躍してきた第一人者が現状を的確に分析し、日本や国際社会がとるべき対応を提示する。

この本の目次

第1章 北朝鮮でいま何が起きているのか―二〇一二年四月以降の挑発の実相(金正恩の権力継承
弾道ミサイル発射
核実験
休戦協定の白紙化
対話路線への転換)
第2章 金正恩体制の構造と政策課題(金正恩の権力基盤
金正恩指導部の政策課題―対米関係が最優先)
第3章 北朝鮮はどこに向かうのか(金正恩体制の展望
望ましい対北朝鮮政策)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可