公立中高一貫校

小林 公夫

どんな子どもが受かるのか?
難関受験教育のエキスパートが
徹底解剖!

私立との違いは? 適性検査の内容は? どんな子どもが受かるのか? 難関受験教育のエキスパートが、徹底した問題分析と取材をもとに、合格への道を伝授する。

公立中高一貫校
  • シリーズ:ちくま新書
  • 880円(税込)
  • Cコード:0237
  • 整理番号:1047
  • 刊行日: 2013/12/04
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:256
  • ISBN:978-4-480-06752-4
  • JANコード:9784480067524
小林 公夫
小林 公夫

コバヤシ キミオ

一橋大学大学院法学研究科博士後期課程修了。法学博士。桜美林大学北東アジア総合研究所客員研究員。専門は刑法、生命倫理であるが、各種難関受験教育のエキスパートでもある。特に、人間育成に焦点を当てた医学部受験指導に実績を誇る。赤本の慶応大学法学部の論述力試験、東京大学後期総合科目3の責任解答者も務めている。 著書に『東大生・医者・弁護士になれる人の思考』(ちくまプリマー新書)、『「勉強しろ」と言わずに子供を勉強させる法』『中学受験に合格する子の親がしていること』『子供のための苦手科目克服法』(以上、PHP新書)、『論理思考の鍛え方』(講談社現代新書)などがある。

この本の内容

近年、学費は安く、充実した教育が受けられる公立中高一貫校が注目を集めている。私立との違いは?各校で実施される「適性検査」の内容は?どんな子どもが受かるのか?親子で出来る対策法は?難関受験教育のエキスパートが、徹底した入試分析をもとに、求められる能力因子を解明。塾や子どもへのインタビューなどからも浮き彫りにする。巻末に全国の適性検査問題分析一覧つき。

この本の目次

第1章 新しいブランドの誕生
第2章 公立中高一貫校が問う能力、資質―学習塾、教育産業はどう考えているか
第3章 公立中高一貫校で問われる新しい能力因子
第4章 親子で乗りきった「公立中高一貫校」受検
第5章 子どもたちから見た公立中高一貫校の特色と生活
第6章 親の力で、子どもを公立中高一貫校に合格させる

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可