汚染水との闘い ─福島第一原発・危機の深層

空本 誠喜

止まらない汚染水
海産物への影響
抜本的対策はあるのか

抜本的対策が先送りされ、深刻化してしまった福島第一原発の汚染水問題。事故当初からの経緯と対応策・進捗状況について整理し、今後の課題にむけて提言する。

汚染水との闘い ─福島第一原発・危機の深層
  • シリーズ:ちくま新書
  • 836円(税込)
  • Cコード:0253
  • 整理番号:1086
  • 刊行日: 2014/08/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:208
  • ISBN:978-4-480-06791-3
  • JANコード:9784480067913

この本の内容

福島第一原発事故の汚染水問題は、高濃度汚染水の漏出が起こるなど、事故発生直後から始まっていたが、抜本的な対策は先送りされ、後手後手の応急対策を重ねるうちに、事態は深刻化してしまった。いったい、どのような対策が講じられ、どのような点が障壁となっているのか。福島原発事故の官邸助言チームの事務局長として最前線での対応に当たった著者が、第一線にいたエンジニアでなければ知り得ない経緯と現状を明かし、今後の課題を展望する。

この本の目次

第1章 東京オリンピックと汚染水(安倍総理発言
厄介な汚染水
汚染水問題)
第2章 緊急対策から抜本対策へ(東京電力と政府の取り組み
先行き不透明な汚染水処理
先送りされた対策―東京電力と政府の綱引き)
第3章 低レベル汚染水の海洋放出(汚染水の予言
高レベル汚染水と低レベル汚染水
人為的な海洋放出は悪いことだったのか)
第4章 水産物への影響(福島県の水産物の状況
水産物の安全性確保
海洋と湖沼・河川の汚染レベル
水産物の安全性)
第5章 困難を乗り越えて(現場作業員の長期の安定確保
現場技術力の蓄積と継承を
「食の安全」を守るために)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可