ヨーロッパ思想を読み解く ─何が近代科学を生んだか

古田 博司

西洋人の思考の秘密がわかる
新・哲学入門

なぜ西洋にのみ科学的思考が発達したのか。その秘密をカント、ニーチェ、ハイデガーらに探り、西洋独特の思考パターンを対話形式で読み解く。異色の思想史入門。

ヨーロッパ思想を読み解く ─何が近代科学を生んだか
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体800円+税
  • Cコード:0210
  • 整理番号:1083
  • 刊行日: 2014/08/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:240
  • ISBN:978-4-480-06793-7
  • JANコード:9784480067937
古田 博司
古田 博司

フルタ ヒロシ

1953年生まれ。筑波大学人文社会系教授。専門は政治思想・東アジア政治思想・北朝鮮政治・韓国社会論。著書に『朝鮮民族を読み解く』(ちくま学芸文庫)、『日本文明圏の覚醒』(筑摩書房)、『「紙の本」はかく語りき』(ちくま文庫)、『東アジア・イデオロギーを超えて』(新書館)など。

この本の内容

なぜヨーロッパにのみ、近代科学を生み出す思想が発達したのだろうか。それは「この世」の向こう側を探る哲学的思考が、ヨーロッパにのみ発展したからなのだ。人間の感覚器官で接することのできる事物の背後(=向こう側)に、西洋人は何を見出してきたのだろうか。バークリ、カント、フッサール、ハイデガー、ニーチェ、デリダらが繰り広げてきた知的格闘をめぐって、生徒との10の問答でその論点を明らかにし、解説を加える。独自の視点と思索による、思想史再構築の試み。

この本の目次

1 向こう側をめぐる西洋哲学史(この世の「向こう側」など本当にあるのか―バークリ
「こちら側」に引きこもる―フッサール
「こちら側」をさらに深める―ハイデガー
「向こう側」は殺せるか―ニーチェ
我々の時代と「向こう側」―デリダ)
2 「向こう側」と「あの世」の思想(時間論
近代以後の「生かされる生」
「あの世」と「向こう側」)

読者の感想

2014.9.27 がぶ

何度か読みましたが、三割程度しか理解できてません。それでもとても感銘を受けましたことは確かです。「向こう側」の存在を知ることができたことで、平凡な日常においても、まだまだ発見はでき、退屈はしないのだと、とても新鮮な気持ちで元気が湧いてきました。

2014.8.27 小林

 素晴らしい著作です。日本では宗教分野以外では取り扱いが難しいこの問題を、哲学的な見地からわかりやすく説明し、その回答を示唆されたことは意義深いことです。またたいへんに気力が必要とされたことと思います。敬意を表します。

 今後の社会のために、大変、有益な著作になろうと思います。古田先生のこのお仕事と勇気に深く感謝いたします。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可