これだけは知っておきたい働き方の教科書

安藤 至大

どう仕事に向き合い、
いかにキャリアをつくるか?
いま知るべきすべて

いま働き方の仕組みはどうなっているか? これからどう変わり、どう備えるべきなのか? 法律と労働経済学の見地から、働くことにまつわる根本的な疑問を解く。

これだけは知っておきたい働き方の教科書
  • シリーズ:ちくま新書
  • 858円(税込)
  • Cコード:0236
  • 整理番号:1114
  • 刊行日: 2015/03/04
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:224
  • ISBN:978-4-480-06823-1
  • JANコード:9784480068231
安藤 至大
安藤 至大

アンドウ ムネトモ

1976年生まれ。1998年法政大学経済学部卒業。2004年東京大学博士(経済学)。政策研究大学院大学助教授などを経て、現在は日本大学准教授。専門は、契約理論、労働経済学、法と経済学。著書に『ミクロ経済学の第一歩』(有斐閣、2013年)などがある。またNHK(Eテレ)の経済学番組「オイコノミア」やBSジャパン「日経みんなの経済教室」の講師としても活躍している。

この本の内容

私たちはなぜこんな働き方をしているのか、いつまでこんな働き方を続けるのか。本書は、労働経済学の見地から、働くことにまつわる根本的な疑問を解き明かしていきます。日本型雇用のゆくえ、ブラック企業の根幹、これから失われる仕事の見抜き方…。働くことの基本を知り、いま起きていることを理解し、未来を考えるために必要なことを、具体的な事例に沿って解説します。これからの激変する社会で生きるための必読書です。

この本の目次

第1章 働き方の仕組みを知る(私たちはなぜ働くのか?
なぜ人と協力して働くのか? ほか)
第2章 働き方の現在を知る(働き方の現状とルールはどうなっているか?
正社員とはなにか? ほか)
第3章 働き方の未来を知る(少子高齢社会が到来する
働き方が変わる ほか)
第4章 いま私たちにできることを知る(「労働者の正義」と「会社の正義」がある
正しい情報を持つ ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可