ゆとり世代はなぜ転職をくり返すのか? ─キャリア思考と自己責任の罠

福島 創太

いま、若者の転職が増えている。本書はゆとり世代の若者たちに綿密なインタビューを実施し、分析。また、彼らをさらなる転職へと煽る社会構造をあぶり出す!

ゆとり世代はなぜ転職をくり返すのか? ─キャリア思考と自己責任の罠
  • シリーズ:ちくま新書
  • 946円(税込)
  • Cコード:0236
  • 整理番号:1275
  • 刊行日: 2017/08/03
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:272
  • ISBN:978-4-480-06982-5
  • JANコード:9784480069825
福島 創太
福島 創太

フクシマ ソウタ

1988 年生まれ。教育社会学者。早稲田大学法学部卒業後、株式会社リクルートに入社。転職サイト「リクナビNEXT」 の商品開発等に携わる。退社後、東京大学大学院教育学研究科修士課程比較教育社会学コースに入学。現在は株式会社教育と探求社で、中高生向けのキャリア教育プログラムの開発に従事しつつ、同大学院博士課程に在学中。(写真:苅部太郎)

この本の内容

いま、「ゆとり世代」の若者の転職が増えている。自分らしいキャリアを模索して転職をくり返す人や、「ここではないどこかへ」と気軽に会社を渡り歩く人が増えているのだ。本書は、若者たちに綿密なインタビューを実施、分析し、転職するように彼らを煽る社会構造をあぶり出す。“意識高い系”の若者は何を考えて転職するのか?転職する若者が抱えるリスクとは?若者のキャリアに社会はどう向き合うべきか?同世代の社会学者として、人材会社社員として、若者のキャリアに向き合ってきた著者が回答を示す。上司の世代も当事者の世代も必読の一冊。

この本の目次

はじめに―“自分らしいキャリア”って何?
第1章 若者の転職は問題なのか?
第2章 夢を追う“意識高い系”
第3章 漂流する“ここではないどこかへ系”
第4章 社会の思惑
第5章 自己責任の罠
第6章 キャリア面談は有効か?
第7章 社会が本当に取り組むべきこと
おわりに―もう一つの結論

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可