アメリカの社会変革 ─人種・移民・ジェンダー・LGBT

ホーン 川嶋瑤子

「チェンジ」の価値化――これこそがアメリカ文化の柱である。保守とリベラルのせめぎあいでダイナミックに動く、平等化運動から見たアメリカの歴史と現在。

アメリカの社会変革 ─人種・移民・ジェンダー・LGBT
  • シリーズ:ちくま新書
  • 1,034円(税込)
  • Cコード:0236
  • 整理番号:1311
  • 刊行日: 2018/02/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:320
  • ISBN:978-4-480-07110-1
  • JANコード:9784480071101
ホーン 川嶋瑤子
ホーン 川嶋瑤子

ホーン カワシマヨウコ

東京大学法学部卒。スタンフォード大学教育学博士号&経済学修士号。文筆業。お茶の水女子大学ジェンダー研究センター教授、東京大学非常勤講師、スタンフォード大学客員研究員、国際学術誌『日米女性ジャーナル』及び“US-Japan Women’s Journal”創刊編集長などを歴任。主著に『女たちが変えるアメリカ』 (岩波新書)、『大学教育とジェンダー――ジェンダーはアメリカの大学をどう変革したか』(東信堂)、『スタンフォード 21世紀を創る大学』(東信堂)などがある。

この本の内容

二〇〇九年、オバマが「チェンジ」を合言葉に登場。医療保険、同性婚支持、移民政策において、平等化への歴史に新たな一ページを刻んだ。八年後、トランプも「チェンジ」を訴えて登板した。「チェンジ」の価値化こそは、アメリカ文化の柱だ。しかし、どのような「チェンジ」か。本書は、アメリカの社会変革の原動力として、人種、移民、女性、LGBTの平等化運動を取り上げ、政治、経済、社会、文化の歴史的変化を見る。そして、トランプ政権による揺り戻しと、反動への抵抗勢力の激突を描き出す。

この本の目次

第1章 人種と移民―平等への長い道、そして今再び前線化(人種カテゴリーの構築、差別の制度化
移民・帰化政策と人種・民族の階層化 ほか)
第2章 女性たちが牽引した社会変革(「女性革命」がもたらした広範な社会変化
女性の政治力の拡大 ほか)
第3章 LGBTの平等要求運動の勝利(LGBT―セクシュアリティとジェンダーの多様性
同性愛者は歴史的にどのように扱われてきたか? ほか)
第4章 オバマからトランプへ―激震はどこに向かうのか?(オバマ・レガシー
大統領選挙が露出したアメリカ社会の対立と分断 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可