平成政治史 ─政界再編とポスト冷戦型社会運動

大嶽 秀夫

政党が集合離散を繰り返し、政界再編に明け暮れる一方、SEALDsや脱原発運動等の新型の社会運動が注目を集めた。日本政治、激動の三〇年を鋭く描く。

平成政治史 ─政界再編とポスト冷戦型社会運動
  • シリーズ:ちくま新書
  • 1,100円(税込)
  • Cコード:0231
  • 整理番号:1495
  • 刊行日: 2020/05/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:352
  • ISBN:978-4-480-07305-1
  • JANコード:9784480073051

この本の内容

冷戦の終焉とともに始まった平成政治。選挙制度改革による政権交代の実現と、自民党一党優位制打破が期待されたが、細川・村山政権や民主党政権に国民が失望する一方で、危機に立たされた自民党は自公連立、小泉改革、安倍政治によって政権の盤石化に成功した。なぜこのような結果になったのか。各政党の動きとその時々の内外の政治課題を巧みに織り交ぜて解説しつつ、SEALDsや脱原発運動、在特会など新しい社会運動の動向にも注目。激動の三〇年を俯瞰する政治史決定版。

この本の目次

一九九〇年代における日本政治の転換
平成の自民党1―竹下登内閣から小泉純一郎内閣まで
日米構造協議と日本異質論
平成の自民党2―第一次安倍晋三内閣から麻生太郎内閣まで
平成の社会運動
原発推進と脱原発
民主党政権
創価学会と公明党
日本共産党
平成の自民党3―第二次安倍内閣以後
平成の日本外交
民進党から立憲民主党へ

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可