知っておきたい感染症【新版】 ─新型コロナと21世紀型パンデミック

岡田 晴恵

世界を混乱に陥れた新型コロナウイルスをはじめ、鳥インフルエンザやSARSなど近年流行した感染症の特徴や防止策など必須の知識を授ける。待望の新版刊行。

知っておきたい感染症【新版】 ─新型コロナと21世紀型パンデミック
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体920円+税
  • Cコード:0247
  • 整理番号:1507
  • 刊行日: 2020/08/05
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:304
  • ISBN:978-4-480-07336-5
  • JANコード:9784480073365
岡田 晴恵
岡田 晴恵

オカダ ハルエ

白?大学教育学部教授。専門は、感染免疫学、公衆衛生学。共立薬科大学(現慶應義塾大学薬学部)大学院修士課程修了、順天堂大学大学院医学研究科博士課程中退。ドイツ・マールブルク大学医学部ウイルス学研究所に留学、国立感染症研究所研究員、日本経団連21世紀政策研究所シニア・アソシエイトなどを経て、現職。NHKラジオ「室井滋の感染症劇場」作・脚本・監修。著書に『正しく怖がる感染症』(ちくまプリマ―新書)、『どうする!? 新型コロナ』(岩波ブックレット)、『人類vs感染症』(岩波ジュニア新書)、『キャラでわかる! はじめての感染症図鑑』(日本図書センター)、『病いと癒しの人間史』(日本評論社)、『学校の感染症対策』(東山書房)などがある。

この本の内容

2020年、新型コロナウイルスが世界的に流行し、多くの人を死に至らしめ、混乱はまだまだ続いている。高速大量輸送、人口爆発の21世紀において、これは起こるべくして起こったパンデミック(感染爆発)であった。新型コロナウイルスをはじめ、鳥インフルエンザやSARSなど、近年の感染症の流行にはどんな特徴があったのか?そして、今後の危機を防ぐために、私たちは何をするべきなのか?生き延びるために知っておくべき必須の知識を授ける。

この本の目次

第1章 新型コロナウイルス―世界を混乱に陥れたパンデミック
第2章 エボラウイルス病―風土病が世界を回る
第3章 H5N1型鳥インフルエンザ―史上最悪のパンデミックが起こる?!
第4章 H7N9型鳥インフルエンザ―弱毒型だが危険なウイルス
第5章 SARS―21世紀最初の新型ウイルス流行
第6章 MERS―中東の風土病がアジアを震撼させる
第7章 デング熱―地球温暖化で日本にやってくる?!
第8章 破傷風・マダニ感染症―現在の日本で心配される感染症

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可