ルポ 入管 ─絶望の外国人収容施設

平野 雄吾

密室で繰り広げられる暴行、監禁、医療放置――。巨大化する組織に翻弄される非正規滞在者の声を伝え、日本の入管制度の問題点に迫る。

ルポ 入管 ─絶望の外国人収容施設
  • シリーズ:ちくま新書
  • 1,034円(税込)
  • Cコード:0236
  • 整理番号:1521
  • 刊行日: 2020/10/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:320
  • ISBN:978-4-480-07346-4
  • JANコード:9784480073464

この本の内容

二〇一四年、カメルーン人男性が医師の診察を受けられず、東日本入管センター内で死亡。二〇一八年、同センターでインド人男性が自殺。翌年、大村入管ではハンストによりナイジェリア人男性が餓死した。いったい、入管施設で何が起きているのか。東京五輪や外国人労働者の受け入れ拡大に合わせて、在留資格のない外国人の取り締まりが強化され、次々に入管施設に収容されている。二〇一九年に出入国在留管理庁へと格上げされ、ますます大きな権力を振るう「入管」の実態に迫る。

この本の目次

第1章 夫、あるいは父の死(公園
拷問 ほか)
第2章 入管収容施設の実態(暴力による密室の支配
医療放置 ほか)
第3章 親子分離の実相、強制送還の恐怖(「ゼロ・トレランス(不寛容政策)」
強制送還の恐怖)
第4章 在留資格を求める闘い(在留特別許可
揺れる難民認定制度)
第5章 国家権力と外国人(世界の入管制度と厳格化する国境管理
出入国管理、日本の過去・未来 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可