医学全史 ─西洋から東洋・日本まで

坂井 建雄

医学はいかに発展してきたのか。西洋伝統医学の科学的探究は19世紀に飛躍的発展を見せる。萌芽期から現代までを辿る決定版通史。

医学全史 ─西洋から東洋・日本まで
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体1,200円+税
  • Cコード:0247
  • 整理番号:1536
  • 刊行日: 2020/12/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:480
  • ISBN:978-4-480-07361-7
  • JANコード:9784480073617
坂井 建雄
坂井 建雄

サカイ タツオ

1953年生まれ。東京大学医学部卒。順天堂大学医学部・大学院医学研究科教授、日本医史学会理事長。人体解剖学、腎臓と血管・間質の細胞生物学、解剖学史・医学史をめぐる研究を通して、数々の驚きと感動を届けてきた。著書に『ぜんぶわかる 人体解剖図』(共著、成美堂出版)、『面白くて眠れなくなる人体』(PHP文庫)、『腎臓のはなし』(中公新書)、『人体キャラクター図鑑』(日本図書センター)など多数。

この本の内容

現代医学はどのようにしてできあがったのか?古代より、伝統医学は経験から治療法を、推論から理論を創り出すと同時に、西洋では解剖学という人体の科学的探究を続けてきた。それが一九世紀に、病理解剖学や実験生理学の発展に伴い実践的な治療と結びつき、劇的な変貌を遂げることになる。医史学研究の第一人者が古今東西の書物を繙き、萌芽期から現代までの歴史を丁寧に辿りつつ、その飛躍的発展の背景に迫る決定版通史。

この本の目次

1 古代から中世まで―医学の誕生(古代文明とさまざまな伝統医学
古代ギリシャの医学
古代ローマの医学
ビザンチンとアラビアの医学
中世ヨーロッパの医学)
2 一六世紀以後―西洋伝統医学の成熟(一六世紀―情報革命の時代
一七世紀―変貌する自然観と人体観
一八世紀―拡大する世界と知識
西洋伝統医学の特徴と構造)
3 一九世紀以後―西洋近代医学への発展(基礎医学諸分野の成立
外科手術の発展
体内を可視化する診断技術
感染症との闘い
循環器疾患との闘い
癌との闘い
脳と心の病
安全な出産と生殖の病
慢性炎症性疾患との闘い
病気を癒やすための薬)
4 日本医学史―起源と発展(中国伝統医学の展開―古代から近世まで
江戸時代以前―漢方医学と西洋医学の交錯
明治時代―西洋医学の移植と展開
二〇世紀以後―医学教育と医療の諸相)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可