ひとはなぜ「認められたい」のか ─承認不安を生きる知恵

山竹 伸二

ひとはなぜ「認められないかもしれない」と不安に思うのか。承認欲求を認め、そこから自由に生きる心と、相互ケアの可能性を考える。

ひとはなぜ「認められたい」のか ─承認不安を生きる知恵
  • シリーズ:ちくま新書
  • 924円(税込)
  • Cコード:0211
  • 整理番号:1547
  • 刊行日: 2021/01/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:256
  • ISBN:978-4-480-07369-3
  • JANコード:9784480073693
山竹 伸二
山竹 伸二

ヤマタケ シンジ

1965年生まれ。著述家。学術系出版社の編集者を経て、現在、哲学・心理学の分野で批評活動を展開。大阪経済法科大学客員研究員。著書『「認められたい」の正体』(講談社現代新書)、『不安時代を生きる哲学』(朝日新聞出版)、『「本当の自分」の現象学』(NHKブックス)など。

この本の内容

自由に生きられるはずなのに、かえって自由に行動できない現代社会。そこには「自由に行動すれば認められない」という承認の不安がある。誰もが自分を押し殺し、周囲に同調し続けているのはなぜなのか。どうすれば本当の自由が得られるのだろうか。承認不安の意味を哲学的に考察し、この不安を解消するための心のケアの原理を提示。さらにこの原理を、子育て、保育、教育、看護、介護などの多様な局面にまで広げ、自由と承認を得られる相互ケアによる共生社会を考える。

この本の目次

1 「認められたい」欲望の正体(なぜ「認められたい」のか?―承認欲望の現象学
「認められたい」欲望の形成―幼児から高齢者まで)
2 自由な心を蝕む「認められたい」不安(承認不安が生む心の病
承認不安を緩和し、心の病を癒す方法)
3 「認められたい」を認め合う社会(「認められたい」社会
自由に生きるための条件とケアの原理)
相互ケア社会の未来

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可