問いの立て方

宮野 公樹

テーマ、課題、目標と大小問わず「問い」には様々な形がある。では、どの問いにも通用するその考え方とはなにか? その見つけ方・磨き方とあわせて解説する。

問いの立て方
  • シリーズ:ちくま新書
  • 定価:本体780円+税
  • Cコード:0200
  • 整理番号:1551
  • 刊行日: 2021/02/04
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:新書判
  • ページ数:208
  • ISBN:978-4-480-07370-9
  • JANコード:9784480073709

この本の内容

ロジカルを良しとするのも、ロジカルが良いという考えあってのこと。なぜロジカルであったりエビデンスベースであったりすれば我々は正しいと思ったり、納得できると思ったりするのか。新規事業、起業、地域課題、研究テーマから、働き方、生き方まで!本質に迫る「問い」が持てる。

この本の目次

第1章 「いい問い」とは何か(答えがある問い、答えがない問い
本質と名付けてみる
なぜその問いはあるのか ほか)
第2章 「いい問い」にする方法(いい問いにまで昇華させるには
「問い」が磨かれるとき
自分と世界の矛盾のうちに ほか)
第3章 「いい問い」の見つけ方(消極的アプローチをとる理由
「違和感」と「自覚」
対象の内実と形式 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可